インドネシア人材エージェントサービスとは?
弊社は、特定技能インドネシア人と日本企業をつなぐ エージェントサービスを提供しています。
印の画像

インドネシア人材エージェントサービスではインドネシア特定技能人材が得意

印の画像

現地のSNSや大学や日本語学校等を通じて特定技能の候補者をマッチングが可能

パソコンの画像
背景(特定技能制度)
インドネシア人の労働力は、日本での雇用においても重要な役割を果たしています。 実際、日本とインドネシアの間での労働力の交流は長い歴史を持ます。
現代の特定技能としてのインドネシア人労働力の流入は、2018年に導入された「特定技能」制度を通じて本格化しました。この制度は、日本の労働力需要に対応するため、外国人の技能実績や能力に基づいて一定期間日本で働く機会を提供するものです。
特定技能
企業の人手不足を補うため、ある程度の技能を身につけた者が日本人と同等に働くことができる資格。
・2019年4月新たな在留資格として「特定技能」が制定開始。
・「特定技能1号」の在留資格は1年ごとの契約でビザの更新を行い最大5年。(4ヶ月、6ヶ月の契約も有り)
・特定技能の外国人に対して出入国管理庁が指定する出入国や生活の支援を行う義務があります。
・技能実習も同じく日本人と同等の給与とされており、技能実習3年を終えた外国人であれば3年経験者として給与の設定を考えます。
特定技能は、労働力不足が顕著な
12分野14産業を対象にした在留資格
印の画像

介護業

印の画像

ビルクリーニング業

印の画像

素形材産業

印の画像

産業機械製造業

印の画像

電気・電子情報関連産業

印の画像

建設業

印の画像

造船・舶用業

印の画像

自動車整備業

印の画像

航空業

印の画像

宿泊業

印の画像

農業

印の画像

漁業

印の画像

飲食料品製造業

印の画像

外食業

参照:特定技能Online
登録支援機関の役割
1:出入国管理庁(入管)に登録してあり、「登録支援機関」として特定技能外国人の日常の支援を企業から委託を受けて行うことができます。
2:外国人がビザを取得するための書類作成フォローを行い、「申請取次者」として、申請書一式を入国管理局へ提出することができます。
目的
在日インドネシア大使館の画像
インドネシア人材エージジェントサービスは、日本で働くインドネシア人の福祉の改善を掲げて、活動しています。

日本で働く上での不安と取り除き、より良い生活水準の向上に努めて参ります。
運営会社
設立年月日:
2015年7月27日
登録支援期間登録番号:
23登-008642

有料職業紹介業許可:
14-ユ-302197
申請等取次者証明書:
受-152023800059
拠点所在地:
神奈川県川崎市高津区諏訪2-2-3-1
0120-822-682
事業内容:
海外人材登録支援業
有料人材紹介業
貿易業
飲食業およびフランチャイズ事業
フットボールクラブ運営業
古物商
遺伝子検査取次事業
資本金:
1500万

運営会社:
ALBATZ株式会社

CEO:
馬場慎一郎

COO:
ムハマド・ノキ・サトリア・プトラ
お問い合わせ